婦人

dhaのサプリは比較してから選ぶ【栄養素をカンタン摂取】

更年期に起こる体の変化

栄養剤

更年期特有の悩み

女性の場合、毎月のように訪れる生理が終わったころ、つまり閉経時にはいろいろな体の変化が現れるようになります。閉経に伴ってホルモン分泌の量が変化するため、その変化に体がついていけずに反応が起こってしまうのです。こうした反応が所謂更年期障害と呼ばれるものです。人によって更年期障害の症状の程度は異なってくるものの、顔のほてりや急な発汗、精神不安定など様々な不快症状が挙げられます。程度が重いものであれば、日常生活にも支障を来すことがあり、鬱病などの二次的な症状を引き起こすリスクも考えられるのです。ただ、こうした症状は専門の医療機関を受診して、より適した治療をうけることで改善が可能です。すでに何かしらの症状が現れているという場合でも、早め早めに対処していくことでその不安を和らげることができるのです。

具体的な治療例

更年期障害の治療としてまず挙げられるのが薬を使った方法です。元々ホルモン分泌の変化によって引き起こされる更年期障害、その根本となるホルモン分泌を薬を使って促していくのです。もしくは、精神的な面で症状が出ている人に対しては抗不安薬を処方していくことになります。どの場合であっても、医療機関で処方される薬を使用すればより確実に症状を押さえていくことができます。服用しはじめの時は薬の特性として副作用が顕著に現れるケースもありますが、そのほとんどは期間を経ることによって症状が改善されていきます。更年期障害は何も症状が一生続くというわけではありません。あくまで一時的な症状で、その程度があまりにもひどい場合には治療する手もある、この点だけはしっかりと押さえておくと良いでしょう。